ムダ毛処理の平均&理想頻度!!頻度を少なくする方法

寒い時期だからといって、ムダ毛の処理を怠っていませんか?普段からしっかりムダ毛処理をしておくことは女子の鉄則です!

しかし過度なムダ毛処理は肌を傷つけたり、トラブルの原因になってしまったりすることも…。そこで今回は正しいムダ毛処理の方法やポイントをまとめてみました!いつでもムダ毛のない、完璧なつるスベ肌を目指しましょう♡

ムダ毛処理の平均頻度は

A post shared by 悠衣 (@yu1_1987) on

ムダ毛処理の頻度は、人によってバラバラです。

一番多く見られるのが2~3日に1回、そして脱毛の途中の方などは、1週間に1回、1ヶ月に1回の頻度でムダ毛処理をするという意見も多いです。中には毎日処理している!という強者も…。

頻度は、自分のムダ毛の状態や意識の違いによっても変ってくるようです。

また夏の露出が多くなる季節には、ムダ毛処理の頻度が高くなり、寒くなるにつれて頻度が低くなる傾向に。これは多くの女子が共感するわかりやすい結果ですね。

ムダ毛処理の理想頻度

残念ながら、ムダ毛処理の理想の頻度を断言することはできません。なぜなら、ムダ毛処理の回数は、なるべく少ない方が良いと言われているからです。

ムダ毛の自己処理は主にカミソリなどを使用する人が多いようですが、これは皮膚表面にダメージを与えてしまいます。またムダ毛と一緒に皮膚の角質も一緒に取り除いてしまうので、肌の乾燥やくすみ、肌荒れの原因となってしまいます。

お肌のためにもムダ毛の自己処理は、多くても1週間に1回程度に留めておくことをオススメします。

そして肌をいたわりながら自己処理するためには、正しい方法で行うことが重要になります。

正しい処理方法

【カミソリを使う場合】

ムダ毛処理で多くの方が使用するのがカミソリです。カミソリを使う場合は、肌へのダメージが大きいということをしっかり理解して、正しくケアすることが大切です。

  1. 蒸しタオルなどで皮膚を柔軟にしておく。入浴中であれば必要ありません。
  2. 処理を行う場所にシェービングクリームまたはボディーソープなどを付ける。乾燥した肌にカミソリの刃を当てることは、肌荒れの原因に。肌表面がガリガリに削れてしまい、カミソリ負けを起こしてしまうので絶対に避けましょう。
  3. 処理する場所にカミソリを当てて剃る。肌の上を滑らせるように優しい力で剃るのがポイントです。
  4. しっかり洗い流して保湿ケアする。

カミソリを使用する時は、特に皮膚の乾燥に気を使いましょう。処理後はすぐにボディケアを行ってください。また古いカミソリは皮膚を傷つけてしまう原因に…。カミソリの刃は定期的に変えるように心がけましょう!

おすすめのカミソリはこちら

ジレット ヴィーナス スワール

¥1,242(税込み) 楽天
Amazon参照 Amazon

【シェーバーを使う場合】

シェーバーは皮膚にも優しくダメージが少ないので、脱毛サロンでも施術前の自己処理にシェーバーを推奨しているところも多いようです。カミソリ同様、力を入れずに肌を滑らせるように使用して、処理後の保湿もしっかりしておきましょう!

おすすめのシェーバーはこちら

【毛抜きを使う場合】

毛抜きでムダ毛処理をすると、ムダ毛がなかなか生えなくなり、剃り残しがないためツルツル肌に。

しかし毛抜きは肌へのダメージが大きく、毛穴の開きにもつながってしまいます。肌への負担が大きいため、毛抜きでの処理はあまりおすすめできません。

また埋没毛が生じやすくなるので、できれば違う方法での自己処理を推奨します。

頻度を長める方法

ムダ毛処理の頻度を減らすなら、脱毛ワックスクリームを併用することがおすすめです。

また最近では、お手頃な価格の家庭用の脱毛器なども多くなっているので、気になる人はあわせてチェックしてみてはいかがでしょうか?お肌をいたわりながらムダ毛の処理をすることができます。

そして、もう自分で処理したくない…なんて人にはクリニックでの脱毛が有効です。ムダ毛がなくなるまでにはある程度の期間が必要ですが、ムダ毛処理のお悩みを一掃してくれる方法として最適ではないでしょうか。値段の安いサロンより、永久脱毛の効果が格段に高いクリニックでの脱毛がおすすめです。

さいごに

A post shared by marie (@pi.pikacym) on

いかがでしたか?過度なムダ毛処理は肌のダメージにつながってしまいます。

ムダ毛はなくても、ガサガサの残念肌になってしまっては意味がありません!自己処理をする際は肌に優しい方法でしっかりケアしながら行うことが重要です。日々の自分のムダ毛処理を見直すきっかけにしてみてくださいね♡

この記事が気に入ったらいいね!してね

マカロンの最新情報をお届けします

この記事に関するキーワード

ライター紹介

Hem

元美容部員Hemです。美容・ダイエットなど気になる情報をリサーチ中!